夜が明ける前に

カテゴリ:未分類( 41 )


野田凪のクリエーション

e0234952_16555232.png



可愛いらしくもあり毒をもった彼女の独創的な世界観。ポップでありグロテスクな要素もあり、その一つ一つが絶妙な世界と空気感を作っている。

Coca Cola "What Goes Around Comes Around"


e0234952_16585258.jpg


e0234952_16594152.jpg


e0234952_1701450.jpg


e0234952_1705176.jpg


e0234952_1895882.jpg



野田凪展
会期|2011年10月18日(火)~11月18日(金)
開館時間|11:00~19:00
休館|日曜、祝日
入場無料
会場|クリエイションギャラリーG8
東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
Tel. 03-6835-2260
http://rcc.recruit.co.jp/

e0234952_18125547.jpg

“見たことのない世界を表現したい”という言葉にあるように、彼女の作品は今も見る人に鮮烈なインパクトを与え続けている。
[PR]

by miho-kadoya | 2011-10-05 17:02

shu uemura アイラッシュ

shu uemura
e0234952_13241542.jpg




ご好評頂いてますshu uemura のアイラッツシュシリーズ。
e0234952_132230100.jpge0234952_13225151.jpg

左/ブラック クリスタル/1580yen  右/ ミニ ダイアモンド/1580yen

普段のポイントメイクに+プラスするだけで、目元の印象が華やかに。パーティーに、結婚式の二次会におすすめです。点と線では、つけまつげ+ポイントメイクのセット3680yenで(つけまつげ料金込)でご提案させて頂いてます。これからのシーズンに是非お試し下さい。


アートなshu uemura のアイラッシュ。
e0234952_13375999.jpg


More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-10-05 13:50

恋するホットチョコレート

WHITTARD OF CHELSEA
            (ウィタード オブ チェルシー)

e0234952_17194473.jpg



■Whittard of Chelsea の歴史

ウィタード オブ チェルシーはウォルター・ウィタードによって1886年にロンドンのフリート・ストリートで創業された老舗。
当時はまさに英国に於けるお茶の黄金時代であり、ダージリンやアッサムから「新しい大英帝国のお茶」が続々入荷し、それ迄の中国からのお茶を追い抜きつつありました。

そんな中、ウィタードは、最高品質の様々なお茶とコーヒーを新しい生産国から買い付ける事ができ、最初の店での50年間は金融街シティーでビジネスカスタマーを相手に、やがて、ウォルター・ウィタードの二人の息子が高級住宅街チェルシーにショップを移転し、今日では、英国全土に130以上の店舗を構えるだけでなく、世界中の高級食料品店やインターネットでも販売されています。世界中から極上のお茶を集め、品質保持のために1つずつ手で詰める伝統的な作業は今も頑なに守りつづけられています。

また、6つの茶園からその年の最も優れた茶葉を厳選して作り上げる紅茶は
ウィッタードが自信を持ってお薦めするものです。
香り、味わい、コクにこだわるのはもちろん、パッケージやネーミングにまで
こだわるその姿勢は他の追随を許さない魅力ある紅茶です。

More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-10-02 12:58

パリジェンヌのヘアスタイル、アレンジスタイル

e0234952_15232010.jpg



e0234952_1524639.jpg



e0234952_15243756.jpg



e0234952_15255831.jpg



e0234952_15262234.jpg



アレンジスタイルがなんといってもお洒落。適度なゆるさとアンニュイなカールの質感。
個性を感じる。

個性って何?・・・人とは違う何か。
個性って何?・・・生まれ持った違い。


個性とは「自分らしさ」であって「他人と違うこと」ではない。改めてそう認識する。

More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-09-28 15:40

ウィスット・ポンニミットのアニメーション

先日、四日市ラジカフェさんにて

ウィスット・ポンニミットのアニメーション&ライブ!に行って来ました。

e0234952_14201251.jpg


アニメーションあり音楽ありのとってもいい時間を過ごせました。

アニメーションもノスタルジックでシンプルにメッセージが伝わってくるようなストーリーです。
映像ならではの世界観が素敵でした。




More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-09-27 14:36

シトウレイさんのストリートポートレイト

e0234952_11233226.jpg



e0234952_11243433.jpg



e0234952_11251645.jpg



e0234952_1126109.jpg



e0234952_11265346.jpg



e0234952_11272332.jpg



e0234952_11354969.jpg



e0234952_1136145.jpg



More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-09-16 12:19

チェコのガラスボタン。



今週より、新しくチェコのガラスボタンを使ったアクセサリーシリーズを販売致します072.gif

e0234952_15572134.jpg




ボタンはハンドメイド使用で一点一点、色合いや風合いが違います。
チェコ製ならではの色使いや絵柄が魅力的です。



e0234952_16124747.gif


ヘアアクセサリーにあわせたアレンジ方法などもご提案させていただきますので、興味のある方は是非ご相談ください056.gif
[PR]

by miho-kadoya | 2011-08-24 16:26

点と線のヴィンテージアクセサリー

e0234952_1572033.jpg


先月から入荷していたヴィンテージアクセサリーシーリーズがほぼ完売いたしました!!
パーツ探しから制作まで空いた時間にこつこつ作っていたので嬉しいかぎりです。ありがとうございます。

次回はチェコシリーズで、チェコのガラスボタンを使ったワンポイントのアクセサリーを作ってみたいと思います。
e0234952_1575461.jpg e0234952_1592020.jpg e0234952_15101060.jpg e0234952_1510324.jpg
 






1つ1つのボタンのデザインと色あいがとっても個性的です。



まだまだ暑い季節が続きそうですが、アレンジスタイルにワンポイント変化をつけてみませんか??
[PR]

by miho-kadoya | 2011-08-11 15:24

COWBOOKS~旅する本屋~

先日、移動本屋さんのCOWBOOKSさんが三重県立美術館にやって来ました。
COWBOOKSさんといえば東京に行く時必ずといっていいほど足を運ぶ本屋さんであります。

e0234952_1575149.jpg



e0234952_1591067.jpg

この日はあいにくの雨ではありましたが、本好きの私にとってはかなり興奮するラインナップでした。



4点ばかり本を購入しました。『愛と同じくらい孤独』  フランソワーズ・サガン/朝吹由紀子訳

e0234952_15195873.jpg
サガンが四十歳の頃にまとめられたインタビュー集、『愛と同じくらい孤独』。
サガンが様々なインタビューで答えた言葉を編者が整理し、それに対応する質問を編者が「空想」で練り上げるという形で再構成された「空想」のインタビュー集。サガン自身の人生観や恋愛観をフランスの女性らしく素直で潔い言葉に読んでいて気持ちがいいくらいです。


e0234952_1535595.jpg

More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-06-23 15:40

TENTOSENの角屋です。

ブログを始めることになりました。

ここでは趣味や好きな人、こと、場所について気ままにつぶやいていていこうと思います。
こだわりのある空間でみなさまと楽しくお話出来ることを楽しみにしています。

さて、梅雨の時期がしばらく続きますがいかがお過ごしでしょうか???

今日は雨の日にお勧めの映画をご紹介したいと思います。

『ベティブルー 愛と激情の日々』                                                                                                                  監督はジャン=ジャック・ベネックス。1986年にフランスで製作された映画。
e0234952_15235953.jpg

約20年たった今でもこの作品は色褪せることがありません。初めて見た時から数年たっても映画の風景や音楽が心に焼きついています。
小説家を目指すゾルグと、ある日突然やって来たベティ。そんな二人の愛を描く。

More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-06-09 15:44