夜が明ける前に

2011年 10月 02日 ( 1 )


恋するホットチョコレート

WHITTARD OF CHELSEA
            (ウィタード オブ チェルシー)

e0234952_17194473.jpg



■Whittard of Chelsea の歴史

ウィタード オブ チェルシーはウォルター・ウィタードによって1886年にロンドンのフリート・ストリートで創業された老舗。
当時はまさに英国に於けるお茶の黄金時代であり、ダージリンやアッサムから「新しい大英帝国のお茶」が続々入荷し、それ迄の中国からのお茶を追い抜きつつありました。

そんな中、ウィタードは、最高品質の様々なお茶とコーヒーを新しい生産国から買い付ける事ができ、最初の店での50年間は金融街シティーでビジネスカスタマーを相手に、やがて、ウォルター・ウィタードの二人の息子が高級住宅街チェルシーにショップを移転し、今日では、英国全土に130以上の店舗を構えるだけでなく、世界中の高級食料品店やインターネットでも販売されています。世界中から極上のお茶を集め、品質保持のために1つずつ手で詰める伝統的な作業は今も頑なに守りつづけられています。

また、6つの茶園からその年の最も優れた茶葉を厳選して作り上げる紅茶は
ウィッタードが自信を持ってお薦めするものです。
香り、味わい、コクにこだわるのはもちろん、パッケージやネーミングにまで
こだわるその姿勢は他の追随を許さない魅力ある紅茶です。

More
[PR]

by miho-kadoya | 2011-10-02 12:58